図面枠.png
01高画質.jpg

東郷元帥記念公園

Admiral Togo Memorial Park

多様な使いこなしを許容する震災復興公園のリニューアル


2016-

デザイン監修・デザイン監理

所在地:東京都千代田区
詳細設計:山田裕貴(Tetor)+国際開発コンサルタンツ
デザイン監修、デザイン監理:山田裕貴(Tetor)
ロゴデザイン:八杉遥(Tetor)
面積:7,250m2

 東郷元帥記念公園は、関東大震災の震災復興小公園である旧上六公園と、東郷平八郎の旧邸宅(千代田区に譲渡)を敷地とする千代田区で最も大きい都市公園である。公園全体は高低差が大きく、フラットな広場を有する下段広場、憩いの場所である中段広場、遊具を中心とした上段広場で構成され、旧上六公園と東郷平八郎の旧邸宅の間には大きな斜面を有している。改修以前から地域の子供たちを中心とした大きくの人に親しまれた公園である。
改修整備にあたって、法政大学景観研究室によって使いこなしの調査が行われ、多様な使いこなしが行われていることが判明した。本改修計画では、このような多様な使いこなしが継承されるような、利用を限定しない居場所の創出を目指している。3段で構成されている公園の構成は大きく変えず、子どもの遊び場とも機能していた斜面は保存している。一方で、朝夕の歩行者のボトルネックとなっていた東郷坂については、公園内にスロープを設けることで、スムーズな動線と公園への接点を増やすことを試みている。
公園の計画案を決める上では、協議会を開催し、地域の方々とともにデザイン案を固めていった。また、公園づくりに参画できるイベントも開催し、地域の多くの方(442名)に参加していただき、ロゴや記念サインは公園内の施設に利用されている。2022年4月に下段広場がリニューアルオープンし、中段、上段の工事が進んでいる。