図面枠.png

阿波池田ふらっとスクエア

FlatSquare Plaza on Awa Ikeda

阿波池田ふらっとスクエア

2012-2013

土木学会デザイン賞・奨励賞受賞

基本設計・詳細設計

 

【株式会社EAU在籍時に担当】

所在地 : 徳島県三好市
景観設計 : eau(崎谷浩一郎,山田裕貴(当時))
実施設計 : eau(崎谷浩一郎,山田裕貴(当時)) + SC企画
植栽計画 : 佐々木知幸(清右衛門)
コーディネーター : 真田純子,田口太郎(徳島大学)

 ふらっとスクエアは徳島県三好市の旧池田町の中心に位置する公園である。まちの賑わいを牽引してきた阿波池田駅前商店街と阿波池田銀座街が交わる場所に位置していること、阿波池田駅と歴史的なうだつの町並みとを結ぶ場所に位置していることから、小さな公園でありながらも地域にとって重要な場所である。本公園の実現にあたっては「公園のパーソナル化」を目標とした。愛着のあった商店街の舗装を公園へ再利用すること、通学路を公園内に取り込んで若い人が日常的に公園に接する機会をつくること、利活用を寛容するフラットで使い勝手の良い公園とすること、適度な密度の植栽により整備後の公園への関わりを生み出すこと等、パーソナル化に向けた様々な試みを行なっている。

公園は竣工後約6年を経ているが、非常に綺麗な状態が保たれている。背景として、計画・整備を契機に地元で女性会が発足したことが挙げられる。毎日の清掃と年に数回の芝刈りや花植えが行われ、日常的に公園へ立ち寄るきっかけとなり、利用することで、綺麗に保つという好循環も生まれている。

© Tetor